質量のJCSSの情報サービスをご紹介いたします

質量のJCSS校正とは日本が定めた国家標準に対してトレーサビリティがとれている参照標準を使って校正して、それぞれの重さに不確かさを表記した校正のことです。測定値は気温や気圧などの条件などによって、ごくわずかですが変動することがあります。不確かさとは、本当の値が存在している計測値の範囲のことです。従来の精密さや誤差などといった概念は国や技術分野により統一されておりませんが、統一した信頼性の計測値を割り出す方法として新しく、まとめられたのが不確かさといった尺度になります。トレーサビリティとは全ての不確かさが表記されている切れ目がない比較を連鎖させることによって、国家標準に繋げることが出来る測定結果のことです。より一層高い標準で校正されて、国家標準に関連づけることを指します。

正確に計量するために必要なトレーサビリティ制度

計量法という法律で、トレーサビリティ制度の内容が定められています。トレーサビリティ制度に従って質量の校正をした場合に検査結果が連鎖していることを証明されると、JCSSのロゴマークが付いている証明書を発行してもらうことが可能です。分銅を校正する周期は標準分銅を管理している状況により違ってきますが、およそ1年から3年ぐらいまでになっているのが一般的となっています。ただし鉄で出来ている枕型分銅の重さは変化しやすいので、1年ごとに行うのが妥当です。計量する作業では正確さと信頼性は、非常に大切なことと言えます。技術者が日本の国家標準に対してトレーサブルな標準分銅を持ち込んで、その会社が定める質量校正マニュアルどおりに校正作業を実施するというのが一般的です。

分銅は正確さを維持するために校正が必要

天びんの精度を維持するためには、計量器のトレーサビリティを維持していくことが必要不可欠です。計量のトレーサビリティを確保することとは検査や測定、試験などのときに使う計量器が指し示している値や検査結果は、国家的や国際的に認定された標準器に対して連鎖するように関連付けられていることを指します。分銅検査サービスではJCSS校正分銅を利用して、実施する会社が定める質量標準管理マニュアルに則った置換法で検査を行うのが一般的です。新たに分銅を仕入れる場合は、一緒に校正を済ませておくのが良い方法の1つになります。校正を行うときに使う環境測定器は、計量のトレーサビリティが確保されている温度計や気圧計、湿度計で気圧や温度が変化していく様子を測定していくというのが一般的です。