人気の質量のJCSSの校正サービスのご紹介

JCSS校正にはいろいろなメリットがあり、例えば国家計量標準とトレースできる質量などを測定することができます。質量計などをISO/IEC17025基準を満たした事業者で校正することによって、測定した質量を第三者に示したものとして信頼されます。ISO/IEC17025に適した校正証明書を発行しているので、外部審査などの際に提示することが可能です。国家計量標準と計量・計測トレーサビリティ証明を簡単に行うことができ、各種監査において審査員に質問されることにスムーズに答えることができるでしょう。JCSS標章付校正証明書を提示するだけで、トレーサビリティを証明することが可能です。標章が付いていない場合、国家計量標準とのトレーサビリティを説明するのにたくさんの書類を提示しなければいけません。

校正証明書を発行してくれるので便利です

校正証明書を持っていると品質管理に有効的で、品質管理に正確な質量などが必要な場合、測定値がどのぐらい不確かさを持っているか把握することが重要です。校正を実施した計量計測機器は不確かさも明確になっているので有益で、社内計量標準として利用するのに便利です。校正を受けた機器を使って社内で実施する場合、計量計測のトレーサビリティが明確になるので、社内標準として利用することができます。証明書はそのまま海外の顧客や審査会社にも効果があり、受け入れてもらえることが多いので便利です。証明書と自社の機器を簡単に紐付けすることができ、機器にシールなどを貼付することによって一貫した管理体制を構築することができます。品質マネジメントシステムにおいて重要な管理項目です。

国家計量標準と繋がることを公に証明しています

JCSSは改正計量法によって導入された制度で、計量計測トレーサビリティを確保するため、事業者の登録制度などからなる制度です。計量計測機器を校正する事業所の品質管理やトレーサビリティなどが、国際規格「ISO/IEC17025(JIS Q17025)」の基準を満たしているか認定センターが審査したり認定する仕組みです。標章付証明書は校正事業者だけが発行することができる証明書で、結果が国家計量標準と繋がることを公に証明しています。この証明書があると上位の国際・国家計量標準とのトレーサビリティを調べる必要はありません。既にトレーサビリティのあることが認定されているからです。第三者審査や顧客監査などには必ずチェックされる書類になるので、常に最新版を管理しておく必要があります。